預託5

 

 

 

さて、ここから先はいよいよエッチの場面になるんだけど、
いろいろ考えて、
してもらったことを順を追ってレポートすることはしないことにした。

エッチの内容を細かく書いて公開するなんて、本来とても失礼なことだ。
蔵人さんや啓太さんにはついては了解ももらってるし、
それは本人達も結構楽しんでくれてるみたいだからいいんだけど、
2人は言ってみればまぁ「身内」。
保護者ルームの「お客様」である東吾さんに失礼なことはできない。

なつこさんからも
「ご主人様はレポートを書かれることをとても恥ずかしがっている」
っていうようなメールをもらっている。


東吾さんの声

なので、アレをやってコレをやって…っていう細かいレポートは書かないでおこうと思う。
だけど、東吾さんとのエッチはとても素敵で、
葉月はとても気持ちよくしてもらったということだけは最初に大きな声で言っておきたい。

 

縄で縛ってもらって、最初ソファのところでバイブを使って遊んでもらった後、
ベッドに移動して東吾さんの指攻撃。

東吾さんは女に潮を吹かせる達人だ。
おまんこに指を入れられてからほんの数十秒、もしかしたら十数秒だったかもしれない。
バシャバシャッて感じに葉月の中から液体が吹き出してきた。

出る直前、東吾さんも慣れていて、
そこにあったバスタオルを葉月の下半身にあててくれたんだけど、
それでもバシャッと来た潮が、葉月のお腹の方にまで飛んできた。

 

え?なになに?
これなに?

 

って、葉月は仰天した。

 

蔵人さんにも潮を吹かせてもらうけど、
ジョロジョロって感じでこんなに勢いよくは出てこない。

蔵人さんはずっと前、

「若い子だともっと勢いよく出るんですけどね」

なんて今思えば失礼なことを言っていて、
(いえ、本当に失礼ですよ、蔵人さん!)
けなげな葉月は「そうなのかー」って素直にその言葉をずっと信じていた。

でも、なーんだ葉月だってこうやってバシャッと出るんじゃんって思って、
なんだか嬉しくなった。

東吾さんがあててくれたバスタオル、後から触ってみたらぐしょぐしょだった。
バスタオルがぐしょぐしょになる量の潮って一体…?

 

蔵人さんにしてもらう時は、
おまんこの中が熱くなって「あぎゃー!!!」って悲鳴をあげるくらい、
なんだかわからない状態になって吹くのに(←これはこれで好き♪)、
東吾さんの時はその熱くなる感じがなかった。

何かスイッチを押されたみたいにバシャっと出てきたので、
東吾さんにしかできない「技」があるんだと思った。
あの潮はホント凄かった。

 

 

その後、エッチしてもらった。
東吾さんのエッチは蔵人さんと似てると思った。

蔵人さんが時々してくれる「ジェットコースター方式」。
次々に体位を変えて葉月の思考を完全に停止させるあのエッチと、
東吾さんのエッチはよく似てる。

 

似てるんだけど、東吾さんの方が、より強弱がある。

時々葉月に対して言われる言葉が、東吾さんの動きに合わせて大きくなる。
その声に葉月は反応する。
「あ、ここは強の部分なんだ」っていうことを、考えるんじゃなくて感覚で感じる。
そして体もビリビリと反応する。

 

蔵人さんはエッチの時には自分からはほとんどしゃべらない。
無言の状態が続いている時に、葉月はいろいろと余計なことを考えてしまう。
だから自分から蔵人さんに話し掛けたりしちゃう。

「余計なことを考えさせないで」と葉月がお願いしたからなんだろうか。
東吾さんがエッチの間、ずっと葉月に声をかけてくれていたことで、
葉月は完全に東吾さんに集中できたし、余計なことを考える余裕はなかった。

 

東吾さんのエッチは、葉月が知ってる誰よりも、蔵人さんよりも啓太さんよりも、
ダイナミックでパワフルだった。
このことは本当に声を大にして言いたいんだけど、
こんなに力強くていつまでも元気な男の人を葉月は知らない。

もっと、熟練の技でねっちりと責めるタイプの方かと思ってた。
いや、ねっちりしてるところもある。
女の体を熟知されているとも思う。
だけど、それだけじゃない。
かなり「体育会系」だ。

 

なつこさんからは「アンティークなので大事に扱ってね」なんて言われていたけれど、
アンティークだなんてとんでもない!!!
体は鍛えててキリリと締まってるし、おちんちんも鋼鉄のようだった。


東吾さんの声

お尻にもスルリと(スルリっていうのは変?ずずずん!だったかも)
入ってしまったので驚いた。

 

 

ずいぶん長い時間、葉月はベッドの上であっちを向いたりこっちを向いたり
ひっくり返されたりとヘロヘロにされて、
最後は四つん這いの変形、「正座エッチ」のような体勢で、
ピクピクしてたのを覚えてる。

その後ベッドでのまったりタイムで東吾さんは

「アレは絶対におまんこでイッてる」

って言って、
その時の葉月のピクピクしてる様子を何度も何度もモノマネしてくれて、大爆笑。

 

「えーっ?そんなにピクピクしてましたか?(*/∇\*)」

「してたしてた。こうやって…」

って、またピクピクのモノマネ。

 

「キャー。もうやめてくださいいぃぃ。(*/∇\*)」

 

 

 

 

 

 

 

NEXT:預託6

オセロ的保護者ルームINDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る