2009年姫始めデート
「アクシデント」

 

 

 

どんなことにでもアクシデントというものはある。

アクシデントでそのイベントが台無しになってしまうか、
新しい発見になるかは紙一重。

その「紙一重」を左右するのは、運もあるとは思うけど、
その場にいる人間の気持ち次第なんじゃないだろうか。

そんなことを思ったこの日のデートだった。

 

何がアクシデントだったのかと言うと、
「デートの最中に葉月が生理になっちゃったこと」。

「え?また?」って思われると思うんだけど、
そうなんです、もうこれで連続3回、生理のデート。
先月のデートは3日目だったので前もってわかっていたけど、
その前のデートは騎乗位でエッチしてる最中にいきなり出血…!
葉月が蔵人さんのおちんちんが血まみれなのを見て、
「ぎょえっ!」となって固まってしまったのは記憶に新しい。

 

2回続けて生理のデートだったので、今回のデートを葉月はとても楽しみにしていた。
姫始めでもあるし、おまんこをたくさん使ってもらおうと思って
バイブはもちろん替えの電池もたくさん持参♪
新品の「三代目スーパーアクメマックス」も持参した。

 

ホテルに入って蔵人さんが電マを2本、延長コードにセットして、
葉月の体にブルブルあてて遊び始めた。
葉月は最初我慢してたんだけど、そんなに時間はかからずにアヘアヘ状態になった。

イキそうになると電マのスイッチを止められる。
何度も何度もその繰り返し。

葉月はイラッとしながらもそういうオモチャ扱いをされるのは嫌いじゃないので、
気分はどんどん盛り上がっていった。

 

そう言えば、
葉月は蔵人さんから今までほとんど「焦らしプレイ」のようなことをされたことがない(ような気がする)。
いや、ないこともないんだけど、
こういう「イク直前の寸止め」みたいな焦らしプレイって、「イケる」ことが前提の行為だから、
なかなかイケない葉月にはしたくてもできない行為だったのかもしれない。

「イケない葉月」に対して、蔵人さんはずっと、
まずは葉月がイケるように頑張ってくれたもんなぁ…。
やっと少しイケルようになってきたから、こんな意地悪もしてもらえるようになったのか!

…なーんてことは後になってから考えたことで、
されてる時には文句を言っていた葉月(笑)。

 

電マだけじゃなくて蔵人さんがおまんこやお尻に指を入れてくれたりして
葉月はギャーギャー騒いでいたんだけど、
ひと通り気持ちよくしてもらった後で、

蔵人さんがなんだか、ティッシュで自分の手を拭いてる…?

 

え?

もしかして葉月、気持ちよ過ぎてうんちとか出ちゃった?(汗)

 

そう思って蔵人さんに聞いてみた。

 

「蔵人さん、葉月のうんちついちゃいました?」

「いや、ちょっと経血がね…」

「ケイケツ?…血ですか?葉月の?」

 

そんなはずはない!
前のデートの時に生理だったんだし、あの時からまだ1ヶ月経ってない。

それに、「そろそろ生理」って時にはなんとなくお腹痛かったり頭が痛くなったり予兆があるのに、
そんなの全然なかったもの。

でも、出血してるっていうのはどうやら本当みたいだった。

 

「うわーん、蔵人さん。葉月、なんか病気かなぁ?」

「触った感じでは何もありませんけどね。
子宮もおりてきてるみたいだし、生理なんじゃないですか?」

「そうかなぁ?
でも生理だったとしたら、デート3回連続生理って、それはそれで凹みますよ〜〜。(T_T) 」

 

蔵人さんは葉月が生理でも血だらけでも全然気にしない人だけど、
葉月の方が気にしちゃう。

あーあ。
せっかく姫始めデートなのになぁ。
せっかく仕事忙しい中、頑張って抜け出してきたのに、また生理かよー。(とほほ)

 

ショックだったし、ガッカリもしたけど、まだこの時にはそんなに出血はしていなかった。
汁がちょっと赤いくらい。

蔵人さんと一緒にいられるあと数時間、
なんとかこのまま持ちこたえられるような気が(根拠なく)していた。

 

 

 

 

 

NEXT:お風呂の指技

オセロ的保護者ルームINDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る