お尻でされる。

 

 

 

それから、しばらく何かのおしゃべりをしてたんだけど、
そのうちに蔵人さんが葉月のお尻の穴を弄り始めた。

最初は、おしゃべりしながらちょっと触ってるくらいだったんだけど、
蔵人さんが指でお尻の穴をキュッキュッって押すようにしたくらいの時から、
葉月は気持ちよくなり始めちゃった。

まだ指の先も入れられてないうちに、

あ、今日はお尻の調子がいいかも?

って思った。

 

今日は生理だから絶対にお尻でしてもらえると思ってた。
でもお尻はその日の体調で感じ方が全然違うので、気持ちよくなれるといいなぁって、思ってた。

よかった、今日はなんだか調子よさそう。
この時点でこんなにビンビンしちゃうならきっと大丈夫って思った。

 

蔵人さんはお尻慣らしが上手だ。
お風呂からあがったばかりで素の葉月のお尻を、
ローションも何もつけないで上手にほぐしてくれる。

濡れてないのに摩擦を感じない。
まったく痛くなく、指が入るまでになっちゃった。

 

気持ちいいのと、これから始まることへの期待で気持ちがとろんとしてしまい、
葉月は会話がまったくできなくなった。
この時点ですでにアヘアヘ状態。

蔵人さんは一旦起き上がってローションをつけてくれて、
それからどうやってたのか葉月にはまったくわからないけど、
指だけで葉月が大声をあげるくらいまでにされちゃった…。

 

お尻の穴の中の、背中側とお腹側にそれぞれ、気持ちいい場所がある。
そこを交互に刺激されて、葉月は悶絶する。

 

「あうぅぅー、あふぅーーー!!!」

 

完全にヘロヘロになったところで横向きの状態から四つん這いにさせられる。
葉月は蔵人さんの方にお尻を突き出した格好になる。

ローションを追加して、蔵人さんのおちんちんがズズン!って入ってきた。

 

「あっ!あっあっあっ…!!!」

 

全身に電気がビビビッと走る!

お尻から快感が全身に回る!

あ、凄い!
今日はお尻が最高に気持ちいい!!!
今までのアナルセックスで一番気持ちいいかも!って思った。

そのくらい、いきなり気持ちよくて頭の中が真っ白になった。


蔵人さんの声

なんでこんなに気持ちいいんだろ?
どうしてお尻なんかでこんなに気持ちよくなれちゃうんだろ?

そんなことを考えていたような気がする。

蔵人さんが体を前後に動かして、
それだけじゃ足りなくて自分からお尻を前後に振った。

 

今から考えればそういう葉月の動きや反応で、
葉月がいつもより気持ちよくなってるっていうことは蔵人さんには当然わかってたと思うけど、
その時の葉月は、自分が気持ちいいってことを蔵人さんに伝えなくちゃって猛烈に思ってて、

「蔵人さんっ、葉月お尻気持ちいいいいっ!!!」

って必死で叫んでたような気がする。
しかも何度も。

 

 

葉月はベッドでぐったりして、なんだか感動していた。
お尻って、こんなに気持ちよくなれるところなんだなぁっていうような感動。

言葉でうまく表現できないんだけど、
気持ちよくなっちゃうとお尻なのかおまんこなのかわからないくらいに気持ちよくて、
でもお尻にはお尻ならではの重い快感っていうか、
ずっしり力強いような快感がある。

 

それから、これは変な感想なんだけど、
蔵人さんの動き方がお尻とおまんこではちょっと違う。
お尻の時は、蔵人さんは抜けそうになるくらい穴のギリギリのきわまでおちんちんを引く。
以前蔵人さんは

「アナルは穴の奥は空洞みたいになってるので締まるのは穴のところだけ」

っていうようなことを言っていたので、
たぶん蔵人さんは奥まで突くよりも亀頭の部分を入口付近で出し入れする方が気持ちいいんだろう。

 

おまんこでエッチする時は、
男の人がおまんこのどの位置で気持ちよくなってるのかなんてわからない。
だけどお尻の時は蔵人さんがおちんちんをギリギリまで引いて
一番太いところがお尻の穴に引っかかってるような状態の時、
その時が男の人にとっては一番気持ちいいんだろうってわかる。
その引っかかるような感じは、されてる葉月にもわかる。

その「わかる感じ」が、「使われている」って気がして凄く感じるし興奮する。
葉月の方は本当は、お尻で気持ちいいのは奥の方なんだけど、
気持ち的にはハッキリと「使われてる」と感じられるギリギリのところが好き。

 

肉ヒダのようなおまんこよりも、「穴」であるお尻の方が締まりはいい。
本当は別の目的のためにある部所を、
男の人が気持ちよくなるために使われているって自覚できるのが、
葉月は本当に好きだ。

そう思うと鳥肌が立つくらいに痺れる。

 

 

 

 

 

 

 

NEXT:拒否られる。

オセロ的保護者ルームINDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る