久々のトゲトゲ

 

 

 

指を抜かれてすぐに、久々のトゲトゲバイブを入れられた。
葉月は四つん這い状態だった。

でも、大好きだったはずのトゲトゲバイブなんだけど、
いつもみたいに気持ちよくない…。

充分に濡れていたのでトゲトゲが引っかかるということはなかったんだけど、
奥の方があたるような感じがして痛いようなキツイような…。

 

さっきまでの指の方がずっと気持ちいいな…

 

と内心思ってた。

 

 

おちんちんを入れられた後のバイブも、同じようにあまり気持ちよくない。
やっぱりおちんちんとか指とか生身の部分にはお道具では敵わないってことなんだろう。

お道具好きの葉月ではあるけれど、
蔵人さんの指とおちんちんよりも気持ちいいと思うお道具は
アナルクリニックとローター系のブルブルお道具だけだ。
アナルクリニックは蔵人さんの指が届かない奥の部分まで気持ちよくしてくれるし、
ローター系のブルブルの動きは蔵人さんの指では真似できない。

 

葉月の反応がよくないことは蔵人さんにもわかったと思うのに、
蔵人さんはトゲトゲバイブはそのままで、さらにお尻にアナルクリニックを入れてきた。

 

うわわあああーーー!!!

トゲトゲが入ってるんですってば!
それに今日はまだバイブがあんまり気持ちよくなってないんですってば!!!

そんなところにアナルクリニックなんて入れたらあーーー!!!
痛かったりキツかったりして、気持ちよくなれないですよぉ!!!

 

お尻に何もしてないのにアナルクリニックはすんなりと入ってしまったけれど、
でもなんか、いつものような二本挿しの快感がやってこない。

 

ううーん…。
うううぅ〜〜〜〜〜ん…。

 

なんか、気持ち悪いような苦しいような…。
痛くはないんだけど、どーも快感が乗ってこない。

だけど、
「どっちも大好きなお道具なんだから、少しすれば絶対に気持ちよくなってくるはず」
っていうようなお気に入りのバイブを信じる気持ち(笑)があったので、
そのまましばらくバイブの動きに身を任せていた。

 

しばらくすると…。

あ…!
なんかちょっと気持ちよくなってきたかも…。

先にそう感じたのはお尻の方だった。

やっぱりアナルクリニックは葉月悶絶印のお道具だけある。
蔵人さんがアナルクリニックを使って気持ちよくなれなかった時は今まで一度もない。

 

一度「あ、気持ちいいかも?」って思うと、その後はどんどん気持ちよくなってくる。

 

あーーー、あぅぅーーーー!
あふぅ〜〜〜!!!

 

我ながら、イマイチの時と声のトーンが全然違うので
わかりやすいなぁって思う(笑)
葉月はお尻の刺激をもっと欲しくて、自分からお尻を振るようになる。

そしたら、痛い感じがしてイマイチだったトゲトゲバイブの方も、
ある時から急に気持ちよくなってきた。

 

「あ、あ、あ、あ!
蔵人さん、気持ちよくなってきちゃった…。」

「そうですか(笑)」

 

こうなることはわかってたみたいに蔵人さんは笑いながら言う。

でも本当に、さっきまでは全然気持ちよくなれなかったんですよ〜。
できれば今日はバイブをやめて欲しいって思うくらいに、奥が痛い感じがしてた。

それが…、来る時はグワッと来る。
これって一体なんなんだろう?


蔵人さんの声

それまでほとんどどうでもいいような刺激だった、
バイブのサオの中間についてる「トントントン」っていうミニバイブが、
急に気持ちよくなってくる。

トゲトゲバイブが気持ちよくなると、相乗効果でお尻ももっと気持ちよくなってくる。

 

「あああああああ〜〜〜〜〜。
あーあーあー、蔵人さあああああん!!!」

「どうしたんですか?」

 

叫んでる葉月に向かって蔵人さんがシラッと答える。

あぁもうその言い方、憎たらしいけど凄く好き!

 

「お、おまんこもー、おおおお尻もー、気持ちいいんですぅーーー!!!」

「ふふふ」

 

 

頭の中が白っぽくなってくる。
掴んでいた枕に顔を押し付けたり、それで苦しくなると横を向いて叫んだりを繰り返してた。

 

あああああああああ。

 

腰がとろけるみたいなこの感じ。
これって、二本挿しの時だけの感覚なんだよなぁ。

 

はあああぁぁぁ…はぁ…はぁ…はぁ…。

 

本当に気持ちいい時には、だんだん声が出なくなってくる。
本当に気持ちいい。

 

だけど、この時はイケなかったんだ。

それは、ほんのちょっとの違和感なんだけど、
なんとなくお尻のうんちが気になっていて、
ほんのちょっぴりなんだけどお尻の奥でアナルクリニックが行き詰まってるような感じがしたからだ。

 

あー、そう言えば今朝、気持ちいいうんちが出なかったんだよなぁ

 

葉月はそのことを思い出して、ちょっと憂鬱な気分になっていた。

 

 

 

 

 

NEXT:練習タイム

オセロ的保護者ルームINDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る