年の瀬デート 2

 

 

蔵人さんが何枚か写真を撮ってくれて撮影は終了。
2008年はこんな新春画像でした。(とほほ)

前のページの画像を見て頂くとわかると思うんですけど、
お尻の穴が天井に向いていたのではなくて、真上に近い方を向いていたのはおまんこの方。
それを蔵人さんが上から撮ったという感じだったのでした。

 

お尻に刺さってたものを抜いてもらって初めてわかったんだけど、どうやら熊手だったらしい。

うわわぁーーん、お尻に熊手を挿すなんて、なんてヒドイことを!(涙)


蔵人さんの声

それでも無事に撮影終わってよかった。
ふぅ〜〜…とホッとしたけど、
蔵人さんはこの体勢からなかなか解放してくれない。

お尻の熊手を抜いてくれただけで、
その後、変な格好で動けなくなってる葉月はそのまま。

 

そしたら、蔵人さんが葉月のクリをにゅりにゅり弄り始めた。

 

え?え?そういうことするんですかーーー???
やめましょうよー。
もっとゆったりした気分でベッドの上でエッチしましょうよー!

 

でも、葉月がちょっと気持ちよくなってきたところで、
今度は蔵人さんが上からおちんちんを葉月の口に突っ込んでくる。

 

ひええええーーーーーっ!
だからこの体勢は物凄く辛いんですってば!
首で体重を支えてるんだから、
お口に入れられても何もできませんできませんできません!!!

 

それでも葉月が必死にお口をモゴモゴやってると、

 

 

え?

 

ええええええっ???

 

 

うぎゃーーーーーー!!!!!

 

 

蔵人さんが葉月のおまんこを舐めてる!!!!

 

 

ク、クンニ〜〜〜〜〜????

 

うわー、うわー、やめてやめてやめて!!!
そんなのズルイ!

 

 

イヤイヤイヤイヤイヤーーーーーッ!!!!

 

 

抵抗しようとしたけど、動けない!
両手と両足は拘束されてるし、腰をソファに乗せて首と背中で体重を支えているような状態なので、
もぞもぞと動くことすらできない。

 

ひえええーーーーん!!!

なんて強引な!
なんてヒドイことを!!!

 

葉月、クンニされてるクンニされてる。
クンニされてるのに動けない!!!

 

 

初めてのクンニも、クンニ会の時も、
葉月は嫌だったけど事前に承諾して、納得してされていたという経緯がある。
だけど今は、承諾どころか事前予告もなく、いきなりだ。

抵抗できない状態で無理矢理されてるーーーー!!!

 

さらに、葉月のお口には蔵人さんのおちんちんがある。
文句を言おうにも言えない。

 

 

なにこれ!
なにこれ!
な に こ れーーーーー????


蔵人さんの声

自分が感じていたかどうかなんて、覚えてない。
とにかくいきなりだったのでショックが大きかった。

 

蔵人さんが縄を解いてくれた時、葉月は床にぐったりと脱力しながら抗議した。

 

「葉月はショックです…。
蔵人さんは今まで、どんなことでも葉月に『やる』って言わせてからしてたじゃないですかぁ…」

「ふふ。でもこういうのも好きなんでしょ?」

「うぐ。うぐぐぐ…」

 

確かに…。
実はこういうの、葉月は好きだ。
「イヤー、ヤメテー!」系が好きだけど、蔵人さんはなかなかしてくれない、
なんて愚痴をどこかに書いたこともある。

それから…。
されてる時は必死だったけど、終わってみて思い出したことがある。
この前の啓太さんとのデートの時、
「葉月は69のやり方が全然わからなかった」って蔵人さんにメールをしている。
啓太さんとのデートレポートでも「おちんちんが逆さまだった」って、自分の未熟さを書いている。
当然蔵人さんも、この時点でそのレポートは読んでいる。

 

「この前、おちんちんが逆さまだったとかって書いたから?」

「ふふ、まぁね」

「でも、こんな風にされても全然わからないですよぉ。それよりも葉月はショックでショックで…」

 

動けなくされて無理矢理クンニされた…。
動けなくされて無理矢理クンニされた…。

 

蔵人さんに本気で「イヤー、ヤメテー」系のことをされたのは初めてだったかもしれない。

でも…。
それが傷ついたとかそういう種類のショックではなくて、
「あぁ、蔵人さんにこういうことをしてもらえることもあるんだ」っていうような、
前向きに新鮮なショックだったような気もする。
そして、葉月が潜在的に持っている願望のようなものを見透かされてるようなショック。

そんないろんなショックにやられてしまって、
葉月は縄を解いてもらってからも床にぐったりと丸まってしまった。

 

動けなくされて無理矢理クンニされた…。
動けなくされて無理矢理クンニされた…。

 

 

そしたら蔵人さん、すかさず葉月の腰を後ろから持ち上げて、

うわわわわっ!後ろからエッチ!

 

あ、あ、あ…。

 

蔵人さんのおちんちんは葉月にとって、どんな時でも最強のお道具。
今日はまだ何も入れられてないおまんこに、いきなり最強のモノを入れられて、
葉月はクンニのショックどころではなくなる。

 

あ…、あ、あ、あっ、そんなそんな…!!

体にすぐに火が着く。

っていうか、
無理矢理クンニされてた時から実は火は着いていたのかもしれない。

 

こういう、「すかさず」とか「いきなり」とかのタイミングが、
蔵人さんはいつも凄いなって思う。
文章でこの「間(ま)」を表現するのはなかなか難しいんだけど、
ここでダラダラしないで「すかさず」挿れてくるところが凄い。

なんて言うのかなぁ、相手が一度ダウンして、起き上がってもまだ調子が戻っていない時に
すぐにまた押さえ込んで一気に決めにかかる、みたいなそういうタイミング。
変な間があると葉月は余計なことを考え始めてしまうので、
このタイミングがなかったら、たぶん一旦「素」に戻っちゃうことになるんだろう。

無理な体勢でのヘロヘロだとか、いきなりクンニでのショックだとか、
とにかくいろんな種類の刺激を矢継ぎばやに与えられて、
葉月の思考能力は低下する。
その低下したところを狙って、いつもより早い伝家の宝刀。

 

あーもう、蔵人さんには敵わない。
こういうところがホント、敵わないなぁって、葉月はいつも脱帽する。

 

 

 

 

NEXT:年の瀬デート3

オセロ的保護者ルームINDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る