筋力不足

 

 

自分の馬鹿さ加減にぐったりと脱力する葉月。

いつもは「蔵人さんにしてやられた!」っていう気持ちになるんだけど、
今回のことは完全に葉月の墓穴だ。
葉月の頭が悪いからこういう展開になっちゃったんだ。
蔵人さんが凄いってことじゃない。

 

蔵人さん。葉月のことを頭悪い女と思ってるでしょ。

いや、そうは思わないけど、
あまりにも簡単すぎて、葉月さんがこうなるように望んでるとしか思えないですね

望んでるって…、葉月がクンニ会をやりたいからこんなこと言ったって思ってるんですかっ!

そう思われても仕方ない発言ですよね?(笑)

違います違います違いますっ!
そんなこと望んでません!!!

それじゃ、やめますか?

く…、くくう〜〜。(涙目)

 

もうダメだ…。
何を言っても取り返しがつかない。
お泊まりデートのコメントで、蔵人さんに「後悔先に立たず」って言われていたのに…。

 

 

このやりとりの後は、ベッドの上で「お口の練習」だった。

蔵人さんは時々、「上手になった」と言ってくれるけれど、
最近葉月はお口でイッてもらってない。
最後の「詰め」の部分が甘いのは自分でもわかってる。

わかってるんだけど、これはお口の筋力の問題なのかなぁ?
時間が長くなってくると顎と頬の筋肉が疲れてきちゃって口を窄めていられなくなる。
吸ってるつもりが口が緩んで空気が漏れちゃう。

この日の翌日、朝起きたら顎と口が筋肉痛でカクカクした。
まだまだ修行が足りないなぁって思う。

 

この日に言われたことは、

葉月さんは唇が厚いからそれをうまく使ったらいいと思います

っていうこと。

へぇ〜、唇が厚いことはコンプレックスのひとつだったのに、
そんな風に言われたのは初めてだった。
薄くて小さい唇の女性って可愛いなぁっていつも思ってた。

 

そうなんですか!
口の小さい人にはできないことが葉月にはできるってこと?

そうです。

 

そうなのか!

ちょっと嬉しかった。
葉月にしかできないことってあるんだ。

人と違うところ、身体の特徴をコンプレックスではなくて武器として使う。
コンプレックスと思う部分があるからこそ男の人を気持ちよくできることもあるって、
なんだかとてもエッチなような気がした。
自分の肉体の特徴フル活用っていうか。

 

あと、この日教えてもらったのは
その唇を使って「舐める」のと「しゃぶる」のを交互にするやり方。

 

そのインターバルをだんだん短くしていくんです

 

そう言われて頭ではわかるんだけど、実践はなかなか上手にできない。
お口が疲れてきて口の中に力が入らなくなってくる。

限界になってきたので蔵人さんが「休憩」って言って、上に乗らせてもらったんだけど、
そこでも葉月はダメダメぶりを発揮する。

騎乗位は、最近とても気持ちよくなれるようにしてもらったのに、
葉月の脚の筋肉がヘタレなので長く続けていられない。
自分が動いてるうちは気持ちいいんだけど、持久力がない。

 

うーー、蔵人さんごめんなさい、もう動けません。
明日からスクワットに励みます…(泣)

 

せっかく仕込んでもらってるのに、
それ以前の基礎体力の問題でギブアップしてしまう葉月。

あー、情けない…。

 

 

 

 

 

NEXT:ゲスト様ごっこ

オセロ的保護者ルームINDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る