宴の後(うたげのあと)2007【6】

 

 

その後も、上になったり下になったり、四つん這いになったりひっくり返されたりして、
葉月のおまんことお口には代わる代わるに2人の男のおちんちんが出たり入ったりしていた。

葉月はもう、思考能力は完全に停止していて、
言われるまま、
目の前におちんちんがあれば本能でしゃぶりつく、という状態になっていた。

 

蔵人さんが床に座っていて、
葉月は四つん這いになって蔵人さんのおちんちんをしゃぶっている時に、
後ろから啓太さんがおまんこを突き上げてくる。
蔵人さんのおちんちんをしゃぶっているのに、あまりの気持ちよさに

あうぅっ!!!

と声をあげてしまい、舐めることに専念できない。

 

大好きな蔵人さんのおちんちんを舐めている葉月の、おまんこを犯しているのは大好きな啓太さん。
この「ありえない」現実を、
現実だと受け止めることも、夢だと思い込むこともできない葉月。
ただ「ありえない」快感だけが葉月の身体を突き抜ける…。

 

はうぅぅっ!!

葉月が快感に耐え切れずに声をあげると、
蔵人さんのおちんちんが大きく固くなるような気がする。

葉月が他の男に気持ちよくされてるのを見て、蔵人さんは感じるのか!
この人には嫉妬ってないのか?

よくわからないけど、
葉月が感じていることで蔵人さんが喜んでいるということだけはなんとなくわかる。


蔵人さんの声

そしたら蔵人さんは、葉月の背中越しに啓太さんに

「啓太さん、アナルいけますか?」

って聞いた。

 

へ?
あなる???

葉月はドキッとした。

 

今まで散々おまんこに入れてもらったけど、お尻には1度も入ってない。
それに、啓太さんとはアナルセックスしたことない!

 

「いいっすよ♪」

っていうような返事を啓太さんがサラッとしたかと思ったら、
啓太さんのおちんちんがおまんこから引き抜かれて葉月のお尻にあてがわれた…。

 

 

え?
え?
え?

ちょっと待って!

 

大丈夫なの〜〜〜???>アタシ

 

かなり焦ったけど、ここでジタバタするのもカッコ悪いと思ったし、
こういう展開は覚悟していたので葉月は観念した。


蔵人さんの声

蔵人さんの指示で、葉月は啓太さんにお尻を犯される!
蔵人さんの指示で、葉月は啓太さんにお尻を犯される!

 

啓太さんのおちんちんは、最初ゆっくりお尻の穴に入ってきて、
そのままずずんと葉月の体内に侵入してきた。

 

あ、あ、あ、あ!!!

 

葉月が前に逃げないように、蔵人さんは葉月の肩を押さえてる。

葉月は痛くならないように、
「ふぅ〜〜、ふぅ〜〜〜」って息を吐いてお尻に力を入れないようにしてた。

 

痛いっていうほどの痛みじゃなかったけど、無理矢理に広げられるような違和感があって、
その違和感が次の瞬間に物凄い快感になって葉月を襲ってきた。

 

あああ、あーーーーーっ!!!

 

啓太さんが前後に動き始めた。

 

あ、あぁーー!あああーーーっ!!!

 

全身に電気が走る!
お尻から全身にビリビリした快感が回る!

 

啓太さんの動きはだんだん速くなる。
葉月は叫び続ける。

 

ああああああーー!!ああああああああ!!!

 

こんなに激しくお尻を責められたのは初めてだ。
こんなにビリビリしたのも初めてだ。
激しくて、ちょっと痛い。

痛いんだけど、その痛さが快感を倍増させているような感じがする。

 

どうしようどうしよう…。
痛いって言った方がいい?

頭の隅っこでほんのちょとだけそんなことを思った。

 

でもやめないで欲しい!
このビリビリする快感は頭がおかしくなりそうだ。

 

あああああーーーーーーっ!!!

 

葉月は蔵人さんのおちんちんを舐めるどころじゃなくて、
蔵人さんの脚のあたりに必死で掴まってるような状態だったと思うんだけど、
ふと「蔵人さんはこんな葉月をどういう顔して見てるんだろう?」ってことが気になった。

葉月は啓太さんにお尻を犯されながら、上半身を起こして蔵人さんを見上げてみた。

 

そしたら!

そしたら蔵人さんったら、すっごく嬉しそうな顔してた!

なんて言うか、子供が運動会のかけっこで一等賞を取って戻ってきた時に見せるような顔!
「よかったね。お父さんも嬉しいよ」って言ってるような、
すっごく優しい顔で葉月を見てた。

 

うわーーー!!!
アタシ、この人に本気で愛されてるんだ!

って、本気で思った。

 

なんて顔してるのよ!
なんて優しい顔してるのよ!!!
そんな顔されたら…葉月は一生離れられなくなります!

 

 

涙だか汗だかわからない液体で葉月の顔はぐしゃぐしゃになっていた。

 

 

 

 

NEXT:宴の後(うたげのあと)2007【7】

オセロ的保護者ルームINDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る