サンタなデート1

 

 

「今度のデートは今年最後のデートになりますよね。
葉月はサンタの衣装を購入しますからクリスマスまでに遊んでくださいね♪」

などと浮かれてデートのおねだりをしていたのは11月の終わり頃。
やっぱりね、クリスマスっていうのはいつもと違う気分になるものだ。

 

葉月は入念に、本当に時間をかけてサンタ・コスを選びまくり、
気に入ったサンタ服をやっと決めて購入♪

サンタ服選びの葉月なりのテーマは、「可愛いサンタ」
思わず抱きしめたくなっちゃうような、いい子いい子したくなっちゃうような、
そんな可愛いサンタになって蔵人さんとラブラブな時間を過ごすんだ〜!

 

ロマンティックでファンタスティックなクリスマス♪


これが今回のデートを前にして葉月が狙っていたことだったわけだ。

 

ホテルのお部屋に入って、

「それじゃ蔵人さん、葉月はサンタに変身してきますからね♪
ちょっと待っててくださいね。うひひ♪」

と、衣装を持って浮かれながら脱衣所に向かう。

「はいはい」

蔵人さんは「わかってますよ」的な反応。

今日のサンタ服のことだって数日前のメールでは「怖いモノ見たさ」なんて書いてきてたし(ぷんぷん)、
男の人って女みたいにクリスマスとか記念日とかに執着ないなぁ。
葉月もそういうのにこだわる方ではないんだけど、コスプレは好きなので、
クリスマスならではのサンタ・コスには我ながらワクワクしてたんだ。
自分でも楽しみだったし、蔵人さんにサンタ葉月を見てもらうのも楽しみにしてた。
コスプレはやっぱり見てくれる人がいなくちゃね。


蔵人さんの声

葉月は脱衣所でサンタに変身!

鏡の中の自分を見ると…う!カワイイ!
めちゃめちゃカワイイ!!!
そこには葉月ではなく、可愛いサンタが映ってた!(←バカ)

赤いストッキングと黒いストッキングを用意してたんだけど、ちょっと考えて赤い方を着用。
うん、これまたよく似合ってるし。(←ホントバカ)

 

「むふふ♪」な気分で蔵人さんのところへ登場。
蔵人さんは葉月を見て、なんだか…何故か恥ずかしそうな顔してた。

どーして蔵人さんが恥ずかしそうな顔すんですか!
「可愛いよ♪」とかの言葉はないのか〜?

 

「赤いのと黒いのと、両方ストッキング持ってきたんですけど、どっちがいいでしょうか?」

「う〜ん、赤でいいんじゃないですか」

「そうですか♪」

そうですよね、やっぱりサンタですから♪
それに今日はセクシー路線じゃなくて「可愛いサンタ」ですから〜♪

 

 

「じゃ、写真撮りましょう。これ持ってください」

って、蔵人さんが葉月に渡したものは、なんとなんと、クリスマスツリー!
それは、トゲトゲバイブで作った可愛いクリスマスツリーだった。
葉月が着替えてる間に作ってくれてたらしい。

 

「うっわー、カワイイですね!蔵人さん、凄いっ!」

本当によくできていたので葉月は感動してしまった。

 

そのツリーを持ってサンタ撮影。

 

バイブには見えないなぁ。
このトゲトゲバイブ、キラキラしてて綺麗だなぁって葉月も前から思ってたんですよ!
このバイブに目を付けるとはさすが蔵人さん!
うんうん、葉月が狙ってるロマンティックでファンタスティックなクリスマス
だんだん近づいてきてる感じ。(むふふ♪)

 

 

あと、こんな感じで座ったところを1枚。

 

う♪
サンタ葉月、カワイイ!
まるで妖精みたいだぁ〜〜♪

 

 

これでとりあえずサンタ撮影は終わり。

え?終わり?

葉月、せっかくサンタなんだから
もっといろいろ可愛い写真を撮って欲しいですよぉぉぉ。


って、言おうと思ったんだけど、その時すでに蔵人さんは、
この日用意していた緑色の綿ロープを手にしていた。

 

 

 

 

NEXT:サンタなデート2

オセロ的「保護者ルーム」INDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る