スパンキング

 

 

この日のことは本当によく覚えていなくて(ってこればっかり)、
やったことは断片的には覚えているんだけど、順序が全然わからない。

でも、お尻で気持ちよくなれなかった後にそのままでは終わらなかったと思うので
(気まずい沈黙時間みたいなのはなかったので)
すぐに何か別のことをしたはずなんだよね。
なんだったんだろう?(笑)


蔵人さんの声

トゲトゲバイブは2回登場してたかも知れないし、
蔵人さんの指でも何回か気持ちよくしてもらったような気がする。

そうそう、蔵人さんの指攻撃はすごくって、葉月は大好きだ。
東京のテクニシャンさんのやり方も、どこをどうされてるんだかわからない不思議なやり方だったけど、
「攻撃」って感じじゃなかった。
ねちねちと葉月を快感の渦に落し込んでいくようなやり方。

蔵人さんのは違う。
「激烈快感地獄」って感じ。
何本の指でどうされてるのかこれまたさっぱりわからないんだけど、
あまりの気持ちよさに葉月は悶絶し、
そのうちに気持ちいいのが苦しくなってきて葉月はいつも後ずさりしてしまう。

 

これをされると葉月は泣く。
「あぁ〜ん」とか「うふぅ〜ん」とかそんな声は出ない。
「がー!」とか「ぐひー!」とか、悲鳴のような声(獣声とも言う)になって、
後から喉が嗄れていることに気付く。

 

「気持ちいいのが苦しい」って言うと、わかる人はわかるだろうけど、
わからない人は「なんで?」って思うのかなぁ。
とにかく気持ちよすぎてそれが苦しくなってくる。

葉月はおまんこではまだイケないのでその「苦しい快感」には終わりがない。
気持ちいいのに辛くって、辛いのに気持ちいい。
それが永遠に続き、そして頭の中が真っ白になって、心の中で「助けて〜!」って叫ぶ。
もうやめて欲しいんだけど、でもやめて欲しくない。

 

蔵人さんがやめるまで、その地獄は続く。
で、そのやめる時にいつも一番気持ちいいのがやってくる。
これ、見てないのでどうやってるのかわからないんだけど、
最後に指を引き抜く時にどうしてなんだか「どぴゅっ」と気持ちいい。

その「どぴゅっ」で指が抜かれた後も余韻がしばらくあって、
急に静かになったおまんこの中がじんわりと気持ちいい。
おしっこを漏らしそうな切ない快感が葉月を襲う。
葉月はイッてないのに全身の力が抜けてしばらく動けなくなる。

 

 

そんな動けない状態の葉月のお尻を蔵人さんが手の平で叩き始めた。

「痛っ!」

せっかく気持ちよかった余韻に浸っているのに、それを覚ますような残酷な痛み。
もうちょっと余韻に浸らせて欲しいよ〜、
なんて思っても蔵人さんには伝わらない。


蔵人さんの声

大体ねー、人を叩くなんて行為、普通の日常生活ではほとんどあり得ないでしょう。
葉月は自分の子供を叩いたことは何回かはあるけれど、
それだって手加減しながらパシッと叩いただけで、
それだけだって「叩いちゃった」っていう罪悪感を伴う。

こんなに思いっきり何度も何度も人を叩くなんて、 人としてどうなのよ?
などと蔵人さんの人間性を疑っていたその時、

 

あれ?

 

今のなんだか気持ちいい…かも?

痛いんだけど、痛いだけじゃなくて気持ちいいのが時々ある。

 

「あ!それ!」

「どうしたんですか?」
蔵人さんが手を止めて聞く。

「今のそれ、ちょっと気持ちいいんです…」

「ここですか?」
と言って蔵人さんは葉月を叩く。

「あ、そこ。そこです!痛いけど気持ちいい…かも」

蔵人さんは葉月が気持ちいいと言ってる場所を何回か続けて叩いてくれた。

 

パシ!(あー!)
パシ!(うー!)
パシッ!(痛いー!)

でも、今叩いてもらってるところは痛いけど痛いだけじゃない。
同じように叩いても、ただ痛いだけのところと痛いのに気持ちいいところがある。

 

「ここ、お尻じゃないの、わかります?」
って蔵人さんは葉月に言った。

え?
お尻じゃない?

 

う〜ん、そう言われてみればお尻よりはもうちょっと下?
自分では見えないけど、おまんこの横くらいの場所になるのかなぁ?
そこを叩かれた時に子宮に響くような重い気持ちよさがある。
叩かれた振動がおまんこに伝わってるってことか!


蔵人さんの声

それで頭では納得したけれど、でも痛いものは痛い。
こんな痛いことされちゃってるのに「あふ〜ん」とか喘ぎ声を出しちゃってる自分が信じられない。
それに、葉月が気持ちいいって言ってる場所はわかってるはずなのに、
蔵人さんったらわざとそこじゃないところも叩いたりするのよね。

 

「違います〜、そこは痛いとこ!」

などとその都度申告するんだけど、
気持ちいいところだけを叩いてくれるほど「いい人」じゃないもんなぁ、蔵人さん。(とほほ)
それに叩き終わった後に葉月のおまんこが濡れてるかどうかチェックしてたっけ。
はい、そうですよ、濡れてましたとも。
葉月はお尻を叩かれて濡れてしまった女です。

でももちろんその時は
「これはさっき指でされた時に濡れたのが残ってたんですよ!」
って言い訳しておいたけど。

蔵人さんは「ふふん♪」って満足そうだった。(再度とほほ)


蔵人さんの声

 

 

 

NEXT: 試し撮り

オセロ的「保護者ルーム」INDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る