二本挿し

 

 

愛人さん(当時)にお尻の動作確認をしてもらった時のくねくねバイブがとっても気持ちよかったので、
その後葉月が自分で似たようなのを探して買っていたのがこのバイブ。

その名も「性感アナルクリニック」

でもその後使う機会がなくて未開封のままずっとお蔵入りになっていたこのバイブを、
この日葉月は持参していた。
(新しいお道具のオンパレードだな)

 

左が前ページで登場した無料バイブ。右が葉月悶絶印の「性感アナルクリニック」。

 

 

でもこのアナルクリニック、普通のアナルバイブよりもちょっと太め。
「こりゃ〜太いの買っちゃったよ、とほほ」と思ってお蔵入りを決め込んでたんだけど
蔵人さんに見せたら「大丈夫、使えますよ、これ」ってサラッと言っていた。

 

その太めのアナルバイブが、
ピンクの無料バイブでヘロヘロにされているおまんこの後ろの穴にねじ込まれてきた。

前回の時にお尻で気持ちよくしてもらっているし、
今日も1度はアナルプラグを入れられているので恐怖感はない。

おまんこにはピンクのバイブが入れられたままだったのでちょっとキツイ感じはしたけれど、
それでもアナルバイブは遠慮なしに葉月のお尻をうねうねブルブル刺激していた。

 

はぅあぅ〜〜〜〜!


蔵人さんの声

気持ちいい....!

こんなに気持ちいいことがあっていいんだろうかって思うくらい、
下半身がとろけるように気持ちいい。

どこがどう気持ちいいかってことを説明したいと思うけど....よくわからない。
それに、どうされていたのかもわからないので
どういう時に自分が気持ちいいのかもわからない。
わからないけど気持ちいいことだけは事実で、
葉月のお尻の中には性感帯、それもかなり強力な快感直結ポイントがあることはよくわかった。

今までだってお尻にいろいろされたことはあったけど、
こんなに気持ちよかったことはない。
蔵人さんのやり方が上手だったんだろうなぁ。

 

ピンクのバイブも、葉月の苦手な舌付バイブだったんだけど、
おまんことクリトリスの葉月が気持ちよくなるポジションに、きっちりあてられていた。

葉月の場合、ポイントからちょっとずれても快感が遠のいてしまうのに、
どうしてこんなに正確にわかっちゃうんだろうって、不思議なくらいだった。

そしてアナルバイブも、葉月のお尻の気持ちいいところを確実に刺激してくる。

 

おまんこと、お尻と、どっちか気持ちいいかってこの時聞かれたら、葉月には答えられなかっただろう。
「どっちも!」って答えたに違いない。

 

 

世の中にこんな気持ちいい行為があったなんて!
それを知らなかった葉月はなんて損してたんだろう。

損だったけど、でも女が終わっちゃう前にこの快感を知ることができてよかったって思った。

気持ちよくしてもらいながら、白っぽくなってる頭の中で、
葉月は本当にそのことに感謝していたんだ。

 

 

 

 

 

NEXT:意地悪な鞭

オセロ的「保護者ルーム」INDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る