電動歓喜蟲(でんどうかんきむし)

 

 

え〜〜、おまんこの感じ方で「クリ派」「中派」という言い方がありますが
葉月の場合は「クリ派」でございます。
最近は「中」の方も開発されてきまして結構気持ちいいんですけど
クリ派であることは間違いありません。

男の人に挿入してもらいながらクリにはローターをあててもらったりするとダブルで気持ちいいんだけど
あんな丸っこいタマゴ型ローターをあててもらっても
ズコズコやってればすぐにずれてきてしまいます。

だから、挿入しながらでも使えるクリ用のローターがあるといいなって
長年考えていたのです。
同じようなことでお悩みの方、多いんじゃないでしょうか。

 

そんな流れでこの「電動歓喜蟲」の存在を知った時には「わーい♪」な気持ちでございました。
そうなんです、このお道具は

おちんちんにはめて使うローター

なのですよ、ふっふっふ♪

 

 

雰囲気出すためにわざわざ屋外で写真を撮ってるワタシって一体...。(笑)
このイボイボがグロで堪りません。
こんなのが木にとまってたら絶対に網持ってきて捕まえます。

ただ、触ってみるとクニュクニュで柔らかいんです。
最近、アダルトグッズ界ではこの手の柔らか素材のものが多いですよね。
このイボイボが、クリを刺激する部分です。

 

電池は上の写真の手の平にも写っているボタン型電池2個を使用。
購入時にはご丁寧に予備の電池もついていました。
電動系のおもちゃでは珍しい非力なボタン電池、さらに予備までついてる。
この時点で若干の不安を感じながらもいざ体験へ!

 

電池をセットしてまずは動かしてみたのですが、振動が弱〜〜い!
特に葉月はウルトラ7での強力振動に慣れているせいか、
「これって動いてるんですかね?」って聞いちゃうほどだった。

しかも、購入時のふれこみでは
「男性と女性が密着するとスイッチONでマイクロモーターが振動する仕組み」
と聞いていたのに、その圧力でスイッチONにするためには
すっごい力で圧迫しなければなりません。
恥骨同士をグリグリ押しつけるようにしてやっとスイッチが入るかな〜って感じです。

肝心なところでそんなことしてたら興醒めするのは確実なので
スイッチを圧迫とは関係なく常にONになるところにセット。

 

さて、いよいよ男性が装着です。
写真の輪っかのところにおちんちんを通します。
「こんな小さな輪に通るのかな?」と心配していたのですが、伸びる素材なので大丈夫だったみたいです。

そしていよいよ挿入へ!!!

 

 

これまたグロい画像でごめんなさいね〜〜。
画面左下が商品を装着した男性。
右上が脚を広げて横になってる葉月です。
この画像は挿入しているところなので、歓喜蟲はまだクリにはあたっていません。
このあと密着して振動がクリに伝わる、ということですね。

 

で、密着してみた時の感想ですけど、
これ、思ったより気持ちよかったです。
振動が弱いと思ってたんですけど、手で触った時よりもイボイボで増殖されるって言うんでしょうか。
心地よい振動でございました。
柔らか素材なので男性が動いても擦れて痛いということはありません。

ただこの時は、これをやる前にいろいろ気持ちいいことをした後だったので
葉月自身が敏感になっていた、ということもあるかも知れません。
何もしないうちからいきなりコレつけて挿入しても
たぶん物足りないんじゃないかな〜とは思います。

でも何もつけないでいるよりも遙かに気持ちいいです。
股間にローター挟むような違和感もないので
二人で抱き合ってまったりしているような時にでも静かに刺激を与えてくれます。

普通のローターだと刺激が強すぎて痛くなっちゃう女性っていますよね?
そういう方には超オススメかも知れません。

 

 

男性は両手が使えますからね。
こういうお遊びもできます♪
あ〜ん、この時点で葉月はもうモニターしてることをすっかり忘れてあっちの世界に行っちゃってます。

 

装着は、ただ穴に通すだけなのでコンドームつけるくらいの手間です。
だけど、この商品の最大の欠点はですね〜、
つけた時の姿がカッコ悪いので思わず吹き出してしまうことです。(笑)
初めてエッチする相手の時にいきなりコレを装着してたら必ず引かれます!
そういう笑える姿も楽しめる、仲良しカップルさんにオススメしたいです。

装着しないでも手で持って使ってもいいみたいなのでね、
いろいろ使い方を工夫してみてくださいね。

 

なお、この商品は第一弾で、現在では第二弾、第三弾が発売されているようです。
人気商品だってことですよね。
写真を見て比べたのですが、この初代のものが一番イボイボ部分が大きくて気持ちよさそうだったので
これにすることにしました。
第二弾、第三弾の希望があればFineさんに問い合わせてみてくださいね。
(葉月が聞いたら希望があれば仕入れてくれるって言われました。)

 

 

 

お道具マニアの部屋TOPに戻る

裏葉月メニューに戻る

 

 

 

 

http://www.k-fine.com/
裏葉月はFineさんの正規代理店です