ウルトラ7 改造大手術

情報提供 かりおさん

 

画像BBSにレポートしてくれたものをこちらに保存させてもらうことにしました。
ローターの内部って見たことなかったので感動しました。
葉月が酷使して一度はご臨終となってしまった一代目を
蘇らせてくれてありがとうございます〜〜。

 

****************************************************************

ローターいぢり

某月某日某所にて「破壊された」ローター入手。
動作不能となった原因を探るべく、使い古された手術台へと問題のローターをセットオン。

 

まずは簡単なところから、、、。

電源側が分解しやすそうだという判断からボックスオープン!

 

基盤オープン!

これと言って焼け付いたり断線している様子はない、、、。

 

あやしい、、、。

となるとモーターの入っているコイツが怪しい。
接写しすぎてピンボケなところもますます怪しい。

 

ゴォ〜リゴリ、、、、

処女の股のように固く閉ざされたローター本体。
だが天才マッドサイエンティストモドキと唱われたわたくしの手にかかれば
コンニャクにチンポ刺すよりも簡単にオープンである。

 

ふーむ、、、

振動で電極からコードが外れてしまっていたと予想していたが、
コードは半田でシッカリと固定されている。
これは予想外だ。真相を究明するのはよもや不可能、迷宮入りか、、、。

 

さらに検査は続く、、、

ここで電源を入れて操作してみると、
モーターは時々息を吹き返すように動き出した。
コードを引いたり緩めたりすると動きに影響がある、、、これはよもや、、、。
モーターの電極そのものが振動から来る金属疲労によって
内部で接触不良を起こしているようである。
モーターそのものの寿命ということになる。
全く荒っぽく使い込まれたものである。

 

ローター本体完全解体

コントローラーから切り離し、ローター本体の完全解体。
が、これまたみごとに、、、何ともきっちりと、、、
ズッボリとハメこまれたモーターだ。さぞや気持ちよかろう。。。

 

さらば、ローター。。。

完全解体されたローター。
ご苦労だった、ローターよ。
お前の働きで、何度持ち主を昇天させたことか!!
今はただ、その功績を偲び労をねぎらいたい。

 

これがローターの命!!!

うむ。これがえも言われぬ振動を生み出す中心部だ。

 

ローター再生計画発動

我がピンクローター二号機用心臓部へこの命を移植することにした。

 

受け継がれる命

見事移植は成功。
こうして連綿と受け継がれていく命。
その場に立ち会えたことを、わたくしは心の底から誇りに思い喜びたい。

 

サキッポ見て見て、、、。

心無しか誇らしげな我がピンクローター二号機

 

蘇るローター!!

感動の涙で言葉が出て来ぬ、、、。
素晴らしい。全くもって素晴らしいでわないか。
この誇らしげな勇士。
ただ、モーターそのものの寿命を考えると、
コードをジャックで繋げるように改造し、
ローター部分のみ交換できるようにすれば
末永く使用することができよう。
これは今後の課題である。
早速明日秋葉でパーツを買ってこよう。

 

しかし、、、

コレだけケースがあるってのも、どーよ??

 

最後に、、、

大切なサーバーの資産をしょーもない画像で浪費してしまって申し訳ない。
ウザかったら即刻削除してくだされ。
であであ。^_^;;;;;

 

 

 

 

お道具マニアの部屋TOPに戻る

裏葉月メニューに戻る