術後

 

 

手術の後に注意されたことは
まず当日はお風呂禁止で翌日からシャワー可、とのこと。
(お風呂は1週間後から)

排便は「今日はできるだけ我慢して明日からが望ましい」とのこと。
(でもどうしても我慢できなかったらしてもいいって。)

夕飯だけは消化のいいもの(お粥とかうどんどか)にして
翌日から普通の食事でいいということ。

そのくらいだったような気がする。
あとは痛み止めとか抗生物質とか軟便剤とかの飲み薬を7種類と
お尻に塗る軟膏と、排便時の痛みを和らげるキシロカインを処方されました。

手術翌日の診察では、特に異常なく傷口もきれいだということでした。

 

 

手術のレポートのところで書かなかったので
知らない方のために書いておきますけど、
レーザーでの切除の場合は縫合しません。
縫わないんです。

はじめ葉月はそれが心配で、先生に聞いてしまいました。
「それじゃ傷がパカパカしてる状態だってことですか?」

「パカパカって言うか...まぁ切ったままっていうことです。
傷は自然に治っていきますからご心配は要りません」
っていうお話でした。

前のページに載せたアレだけのものを切り取って
「切ったまま」っていうのはどういうことなのか未だにわからないですけど
とにかく縫ってないし、だから抜糸ということもありません。

 

葉月の経験は一回だけしかないので
自分のしてもらった方法が最良なのかどうかは比べられないからわかりませんけど
何週間も入院をして「死ぬほど痛い思いをした」などという他の方の経験談に比べると
葉月の場合はとっても楽だったです。

痛かったのは翌日うんちがなかなか出なくて
それでも便秘になったら大変だと思ってちょっと頑張って息んじゃった時。
その時は緊張してたこともあって
ズキーンっていう痛みがありましたけど
痛くて我慢できなかったのはその時だけ。

もちろん、長時間座っていたり無意識に体を捻ったりしてしまって
痛くなることはあったけど
本当にそんなに辛くはありませんでした。
排便も生活も普通にできるんですからありがたいことです。

ただ、この時はまだ出血があって
トイレにも何度も行っている時期だったので
家にいることが多かったです。

先生からは
「練り歯ハミガキくらいの硬さの便が1日1回出るように調節」
と言われて軟便剤と下剤をもらっていたのですが
これがなかなか難しいんですね〜。
その日に食べたものや運動量でうんちの出方なんて変わってきますから
お薬を少し飲み過ぎると
柔らか過ぎたり、何度もトイレに行きたくなったりします。

排便の後はシャワーで軽く洗って軟膏をつけることになっているので
ウォシュレットのない職場だと辛いです。
体調はそれほど悪くないのですが
結局トイレとシャワーのことで長時間家を離れられず、
仕事を休んだり早退したりしてしまいました。

立ちっぱなしでもダメ、座りっぱなしでもダメってことですから
横になってゴロゴロしてるのが一番楽だし術後の体にもいいことなんだと思います。
入院っていうのはそういう意味でもできることならした方がいいんだろうなー
って思いました。

 

術後は日が経つごとによくなってきてる自覚があったのですが
5日目くらいから少しまた傷が腫れてきました。
術後すぐより明らかに腫れています。

葉月は手術前日から、手術当日と翌日を除いてほぼ毎日、
お尻の写真を撮っていました。
鏡だとね、よく見えないんですよ〜。
写真に撮っておけば記録(記念?)にもなって傷の治ってる経過もよくわかるし
パソコンの大画面でじっくり見られますからね。
シャワーやお風呂の後には写真を撮るようにしていました。

その写真を比べても、切ってすぐより腫れている!

 

このまま治らないんじゃないか。
手術は失敗だったのか?
切らない方がよかったんじゃないか。

いろいろ悪いことを考えてしまって
マリッジブルーならぬ「痔ブルー」になりました。(笑)

自分では元気にしてたつもりだったんですけどね。
やっぱりちょっとおかしかったらしいです。
ご主人様が心配してランチに誘ってくれたのはこの時期ですし、
愛人さんに愚痴メールを送りつけて迷惑かけたりもしてました。

 

でも、先生に相談してみたら一発解決!
術後一週間は、一番腫れてくる時期なんだって。
(なんだよ〜、それならそうと初めに言っといてくれよ〜〜!)

先生のお話を聞いて安心したのもあって、
それからはどんどんよくなっていきました。

出血は1週間でほぼなくなり、
その後出てくる黄色っぽい汁みたいなのも10日目くらいからほとんどなくなりました。
あててたガーゼも2週間目くらいには外してしまいました。
1ヶ月くらいは出血があると聞いていたので
葉月は普通の人よりは治りが早かったのかも知れません。

 

辛かったことと言えば
抗生物質と痛み止めが強かったのか合わなかったのか
薬疹がちょっと出て、それから胃をやられました。

最近はお薬は薬局で丁寧な説明書付きでもらえますよね。
「発疹や痒みが出る場合がある」って書いてあったのでそれだったと思います。
痛み止めは、初め2錠ずつ飲んでいた時は胃薬も処方されていたんですけど
その後1錠に減ってからは胃薬もなくなって
その後胃が痛くなったり吐き気がしたりするようになりました。

たくさんのお薬を飲んでいるとなんとなくボ〜〜ッとしたり眠くなったりします。
おまけになんだか全身が痒い。
ハッキリ言って頑張って会社に行ってもあまり仕事になりませんでした。(苦笑)

 

3週間後の診察では
まったく問題なく、順調に治ってるとのこと♪
まだ少しだけ腫れてる部分もあるんだけど
傷が完全に治るまでには3ヶ月はかかるそうなので
徐々に腫れは引いてくるだろうとのことでした。

今は軟便剤と、消化器官の動きを調整する漢方薬だけを処方されて飲んでいます。

 

で、完治した状態の画像をここで載せたいところなんですけどね。
まだ完全ってことではないのでどうしようかな〜って思っています。

でも一応、「お尻の改造レポート」ってタイトルにしちゃってるので
何か載せないと完結しませんよねぇ。

ってことで、術後20日目の画像を載せようと思います。

 

画像にポインタをあてると反転します。

 

 

白っぽいのは軟膏です。(恥垢じゃありません!)
画像上の方がおまんこ側なんですけど、
穴の上側がもっこりしているのはおまんこと繋がっているヒダヒダなので
痔とは関係ありません。

 

葉月としてはこれで充分綺麗になってると思うんですけど
先生のお話では、「若干のたるみを残して切ってる」んだそうです。
余裕をなくしてピッチリパツパツに切ることもやろうと思えばできるそうなんですが
そうすると今度はお尻の穴が開きにくくなるので
また切れやすくなっちゃうんだそうです。

「赤ちゃんの皮膚のような新しい肌なら伸び縮みもするんですが」
「はぁ」
「成人の皮膚となるとそうはいきません」
「そうでしょうね〜(納得)」
「だからわざと余裕を残して切るんですよ」
「なるほど」

 

ということで、術後レポートはこんな感じです。
今は便秘しないように毎日ヨーグルト食べたりして気をつけてます。
この後の回復状態については
こんな医療レポートではなくてプレイレポートでお知らせできればいいなって思っています。

 

 

 

 

 

 

 

NEXT:動作確認

 

お尻レポートINDEXに戻る

裏葉月メニューに戻る