痔の基礎知識

 

 

葉月が痔であることを仕事の同僚(年上の女性)に告白したところ、
その女性は言いました。
「おうちにウォシュレットないの?」
「は?」

どうやらその女性の認識では、
痔というのはお尻を不潔にしていたり、
ゴシゴシ拭いてばかりいるとなる状態だと思われていたようです。

まぁ確かにウォシュレットはお尻にとっていいものなんですが
ウォシュレットがあれば痔にならないということではありません。
痔の主な原因は直腸肛門部の鬱血や、硬いうんちを出す時の刺激です。
(ちなみに葉月の家はウォシュレット完備です。)

 

前のページで書いたように、痔人口はとても多いはずなのに
このように病気として正しく認識されていないことも事実です。

「痔」で検索すれば関連サイトは山ほどありますし、
図解や画像付きで詳しく説明しているところもたくさんあります。
興味のある方はそちらをご覧頂きたいと思うけど
ここではホント〜に簡単に、基礎の基礎の触りだけ、
ちょっとご説明してみようと思います。

 

 

痔は大きく分けて三種類

 
痔にもいろいろ種類がありまして、
大きく分けて「痔核」「裂肛(切れ痔)」「痔ろう」の三種類です。
さぁ、アナタの痔はどれだ?って、盛り上がって話すところじゃないって。
あくまでもシロウト説明ですから、詳しくは専門サイトへどうぞ。

●痔核
直腸肛門部の血行が悪くなって、血管の一部が膨れあがるのが痔核。
いぼ痔と言われているものです。
腸に近いところにできるのが「内痔核」、肛門の近くにできるのが「外痔核」。
痔の中で一番多いのが「内痔核」だそうです。
内痔核はひどくなると肛門の外にその姿を見せるようになります。

内痔核は、4段階に分けられています。

直腸には痛みを感じる神経がないので、
直腸にできる内痔核には、普通は痛みはありません。(出血はします)
でも、それがだんだん進行して、肛門の外に出てくるようになったり
神経のある肛門の方まで広がってくると、痛みを感じるようになります。

さらに進んで4度までいくと、脱出してる部分の皮膚や粘膜が固くなるので
逆に痛みをあまり感じなくなるらしいです。
3度以降が手術対象と言ってる医者が多いです。

 

●裂肛(切れ痔)
読んで字のごとく、お尻が切れたり裂けたりすることです。
肛門から入って1cmくらいのところが切れることが多いらしいです。
ほとんどが硬いうんちを無理に出そうとした時にできる傷みたいですけど
アナルセックスや、お尻への異物挿入でも切れます。

裂肛が慢性化すると肛門が狭くなって、繰り返し切れやすくなります。(肛門狭窄)
排便時にズキーン!という強烈な痛みがあるのでトイレを我慢するようになってしまい、
それで便秘になってまた切れちゃうという悪循環、らしい。
少量の出血がある場合もあります。

 

●痔瘻(痔ろう)
細菌感染が原因で膿が出る状態。
なかなか治らなくていつまでも少量の膿が出るらしい。
熱が出たりすることもあるとか。
抗生物質もほとんど効かないので手術しないと治らない。

 

痔の患者さんの約半数は痔核だそうです。
裂肛と痔ろうがそれぞれ15%くらい。残りがその他の病気だとか。
痔だと思ってたのに肛門ガンだったとか、裂肛が原因でポリープができるとか
痔の出血かと思っていたのに実は大腸ガンだったとか、
いろいろ怖い話もあるみたいなので
自己診断で市販薬などに頼らずに、とにかくお医者さんに診てもらうのが一番だと思います。

 

 

 

NEXT:で、葉月の痔〜ちゃん

 

お尻レポートINDEXに戻る